おすすめのエロまんがを紹介します!エロマンガ最高!!

エロまんがラボ☆

電車でスヤスヤ眠る子に

電車でスヤスヤ眠る子に第7話ネタバレ  キスしながら何度も中に出される女の子がエロい・・・

投稿日:

電車でスヤスヤ眠る子に

めちゃくちゃ妄想をかき立てられるタイトルですね・・・

 

一体電車でスヤスヤ眠る子にどんなことをするのでしょうか・・・
今すぐ無料試し読みはこちらから↓
BookLiveコミック【AC】電車でスヤスヤ眠る子に※スマホ専用

 

第7話のネタバレです。

 

男は激しく腰を振っていた。
快感を得ながらも自分の行なっている行為が、まだ経験の浅い若い子を激しく犯している事に興奮した。
薫子は絶頂のすぐあとに激しく膣を突かれて子宮が疼いていた。
子宮の締まりが強くなり男の快感が大きくなる。絶頂の波が来る。
薫子もクリ◯リスも疼き激しい快感を感じていた。

 

そのまま男は精子を薫子の中に全部出してしまった。
我に返り薫子を気遣い、労わりの言葉をかける。その言葉と態度に自分の体を犯してくれたのがこの男で良かったと感じていた。
薫子のオマ◯コから射精されたばかりの精子が溢れていた、それを見て男はまた興奮する。
 

薫子は自分の体で喜びと興奮をしてくれる男がいる事に嬉しさを隠しきれない。
まだはだけた姿で男は薫子への心境を語り出した、自己評価が低い事、痴漢をしてしまったのも自分の好みであった事。
連絡をしていてもその思いは変わらなかった。
ふと、キスをねだる。

 

性行為に夢中で、キスをしていなかった事を明かしてキスをする流れに持っていった。
薫子の顔が艶っぽくなる。緊張していた、初めてのキス。
どうしていいかわからない。呼吸をするのを忘れ唇を離し呼吸をしようとしたら男の舌が絡み合う。
セックスとは違う興奮と緊張があった。
キスとは淫靡なものと知ってしまった。

 

男も薫子とのキスでチ◯コが勃起していた、さっき射精をしたばかりなのに。

 
キスを貪りながら、腰を振る。

 
もうお互いの興奮は冷めない、
男の腰が引くたびに肉を持ってかれそうになるぐらいマ◯コは締まっていた。
男は再び薫子の中に射精出来る実感に嬉しさを感じて、薫子もまた男のチ◯コで満たされて自分の膣がうごめいている事を感じていた。
回数を重ねる度に快感は増していく。
男は2回目の絶頂を迎えた。膣で男が果てた事を感じた。

 
キスと中出しで、薫子は満たされていた。
風呂に入りながら会話をする二人。二人はまた会う約束をしたー

 

エロ過ぎる本編はこちらから↓
BookLiveコミック【AC】電車でスヤスヤ眠る子に※スマホ専用

-電車でスヤスヤ眠る子に

Copyright© エロまんがラボ☆ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.