おすすめのエロまんがを紹介します!エロマンガ最高!!

エロまんがラボ☆

電車でスヤスヤ眠る子に

電車でスヤスヤ眠る子に第1話ネタバレ 電車で眠る子の太ももにぶちまける!

投稿日:

電車でスヤスヤ眠る子に

めちゃくちゃ妄想をかき立てられるタイトルですね・・・

 

一体電車でスヤスヤ眠る子にどんなことをするのでしょうか・・・
今すぐ無料試し読みはこちらから↓
BookLiveコミック【AC】電車でスヤスヤ眠る子に※スマホ専用

 

人気の少ない帰りの通学電車、メガネをかけた大人しそうな女の子。
一人で席に座るかわいい女子高生。無防備な寝顔。

普段の疲れかスヤスヤとうたた寝をしている。どんな夢をみているだろう。
あどけない顔立ちだが、胸は大き目、控え目そうな性格に見える。彼氏はいるのだろうか。

まるで汚れを知らない清楚な少女。誰もがそう見えるだろう。

 

男性目線
男は時々同じ電車で彼女を見ていた、彼女の眠りが深い事は知っていた。
「かわいい寝顔」ふと思う、妄想で何回と彼女と行為をしたのかわからない。
近くで覗いてみる、寝息が聞こえる。触ってもばれないのではないか。
欲情が男の中で大きくなる、頬に触れてみたい。

起きても虫がいたとか言い訳すればいいだろう。そんなことを理由に思い切って彼女に触れてみる。

心地良い胸の高鳴りに彼の心はエスカレートしてしまい、ついに触ってしまう。
彼女からは反応がない。
目が覚めない事を確認した男は太ももにそっと触れる。小さく彼女が反応する、が起きない。

女の柔らかく暖かい感触を知ってしまった男は興奮し股間を膨らませた。
自分自身の熱に流されるように彼女の胸のボタンを外し、下着を確認する。
「可愛い下着」
男はそこで自分の欲が抑えきれずに自分のモノをシゴきだす、見抜き行為だ。
彼女の降車駅が自分より後だと知って行為をし続けるが、緊張でいつものように快感が襲ってこない。
そのうちに男は少女の太ももに自分のモノを押し付け異常に興奮をしてしまう男。
少女が寝ているのをいいことに最後にしてしまった行為はー

 

 

女性目線
生徒会で遅くなる日、女はいつも居眠りをしていた。
終着駅での下車なので、乗り過ごす心配もなく。
いつもは乗客がないが人の気配がする。気にはなるもののやり過ごそうと目は閉じていた。
ふとほっぺを触られた。戸惑いで体が動かない。
固まっていると、太ももに手の感触が。
手が離れ、不快感を覚えながらも感触はしっかりと感じていた。
安心しているを胸のあたりの服を引っ張られた感じがした。
ボタンが外れ下着が見えてしまっている。
聞こえてくる荒い息遣い。何をしてるかは想像がつく。
太ももに当たる暖かい感触がなにかは知らずともわかった。
そのまま男は自分の欲を太ももにぶちまけた。

エロ過ぎる本編はこちらから↓
BookLiveコミック【AC】電車でスヤスヤ眠る子に※スマホ専用

-電車でスヤスヤ眠る子に

Copyright© エロまんがラボ☆ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.