露出度の高いヒッチハイクギャルを…第3話ネタバレ【彼氏にもさせたことがない生ハメを堪能!】

露出度の高いヒッチハイクギャルを…第3話ネタバレ【彼氏にもさせたことがない生ハメを堪能!】
詳しくはこちら!
▽ ▽ ▽
クリック!

露出度の高い格好でヒッチハイクし、
なんも考えずにオッサンの車に乗り込むギャル…

見事にオッサンに襲われ口内〇精されてしまうギャル…

自分で口内発射しておきながら、
べとべとになった汚チ〇ポをキレイにしろと言うオッサン…

「”ここ”でキレイにしてよ」

「え?」

「”ここ”って言ったら”マ〇コ”しかないだろ」

やっぱりオッサンは鬼畜です…

デニムのホットパンツからすでに半分のぞいているマ〇コ…汗

ホットパンツを脱がすと、じわっと染み出している様子…
しかもパンティ越しにも盛り上がっているのがわかります…

無理矢理イラ〇チオをされたのに濡らしてしまっているギャル。

「ちょっと見せてみろよ」

とパンティをめくるとモロ濡れ状態のギャル。

オッサンは顔を近づけてマジマジと鑑賞!笑

「「すげえ メスの匂いだ たまんねええ!」
「もう入れていいよな?入れるぞ?」

「ゴム!ゴムつけて!」
と言うギャル。

そんなん持ってねえと言うオッサンに対し、
私のポーチに入っているからと言うと…

その言葉がオッサンの逆鱗に触れたようで…

「てめえみたいなクソビッチは・・・」
「生ハメがお似合いだ!」

彼氏にもさせたことがないのに
ヒッチハイクで知り合った見ず知らずのオッサンに生ハメを奪われるハメに…

すでに濡れ濡れになっているギャルのおま〇こは
一挿しでずっぽりと入ってしまいます…

最初は彼氏以外のオッサンの汚チ〇ポを入れられ泣いてしまうギャル…
しかし、オッサンの極太チ〇ポとテクニックで気持ちいい部分をグリグリされ
次第に壊れ始めるギャル…

最初は抵抗していたギャルでしたが次第に感じ始めるギャルがエロ過ぎます…

オッサンは容赦なくギャルのま〇こを突き続けます!

感じ始めたエロ過ぎるギャルの喘ぎ声に絶頂を迎え、
チ〇ポを引き抜き外で発射!

なんとか中〇しだけは回避したギャル。

「もういいでしょ・・・」
「もう・・・ここで降ろして?」

と懇願するギャルでしたが…

「おまえをイカせるまでは帰さないぞ」
といい放つオッサン…!

果たしてギャルはどうなってしまうのでしょうか?

 

 

彼氏にも許したことのない生ハメをオッサンに奪われる!
続きは本編でお楽しみください!
▽ ▽ ▽
クリック!

露出度の高いヒッチハイクギャルを…第2話ネタバレ【ギャルの口をオナホのように使う!】

露出度の高いヒッチハイクギャルを…第2話ネタバレ【ギャルの口をオナホのように使う!】
詳しくはこちら!
▽ ▽ ▽
クリック!

田舎道でヒッチハイク、
なんのためらいもなくオッサンの車に乗り込んでくるギャル。

こんな格好で乗り込んできたら、襲われても文句言えないだろ?

自分の都合の良いように解釈し、
ギャルに襲い掛かるオッサン!

強引にキスをし、さらに下を捻じ込んでディープ!

舌を入れると抵抗が激しくなるも
狭い車内ではろくに抵抗もできず…

キスを終えるとギャルは涙目。
オッサン鬼畜過ぎ。。。笑

このまま一気に・・・!
と胸を鷲掴みにすると、ついに諦めたのか、おとなしくなるギャル…

「そのままおとなしく従え。」
「そうすれば悪いようにはしないから。いいな?」

オッサンまじ鬼畜過ぎ…

両手に収まりきらない巨乳を揉みしだき、じっくりと堪能…
Tシャツをたくしあげると、そこにあったのは巨乳ではなく爆乳!!

乳首をコリコリすると襲われているにもかかわらず、
感じてしまうギャル…

そんなギャルに興奮したオッサンは我慢できなくなり…

「どうすればいいかわかるよな?」

といきり立った男臭いチ〇ポを
オナホ代わりと言わんばかりにギャルの口へとぶち込みます…!

あまりの男臭さとチ〇ポのデカさにむせ返るギャル…

「もっと深く咥えろよ・・・」

これ以上は無理と抵抗するギャルでしたが、
オッサンはギャルの頭をつかみ、イラ〇チオを敢行!

そのまま深く咥えこませ、ギャルの頭を激しく前後させます…
じゅっじゅっと車内に卑猥な音が響きます…

「あーッいい…イキそうだ…」

「・・・イクってまさか、このまま?」

「イク!出るッッ」

と溜まっていた濃厚精〇をギャルの口にぶちまけるオッサン!!

ドプッドプッと発射される精子はギャルの口には収まりきらないほどの量…

「これは・・・ちゃんとキレイにしてもらわないと困るな・・・」

一体、どこでキレイにさせようと言うのでしょうか…?

更なる要求をギャルに突きつけようとするオッサンなのでした…

 

 

エロ過ぎる格好で乗り込んできたヒッチハイクギャルの口にオナホ代わりと発射!
続きは本編でお楽しみください!
▽ ▽ ▽
クリック!

露出度の高いヒッチハイクギャルを…第1話ネタバレ【そんな格好で車に乗り込んだら襲われても文句言えねえよな?】

露出度の高いヒッチハイクギャルを…第1話ネタバレ【そんな格好で車に乗り込んだら襲われても文句言えねえよな?】
詳しくはこちら!
▽ ▽ ▽
クリック!

ヒッチハイクでなんのためらいもなく
男の車に乗り込んできた露出度の高いギャルを犯しまくる!

出張を終えた帰り道。
コンビニすらない田舎の道を
さっさと帰ろうと車を走らせていると…

目を疑う光景が…

道の端に、田舎にはふさわしくない
金髪でへそ出し、デニムのホットパンツ姿のギャルが立っている…

良く見てみると…
とにかく露出度が高く、まるでAV女優のようなムチムチのスケベボディ…!

なにをしているのかと思ったら…
なんと”ヒッチハイク”のポーズ!

こんな田舎でヒッチハイクとか頭悪すぎだろ…
とそのまま通り過ぎようとしたが
ここで通りすぎたら、こんなギャルとは一生絡めないかもしれない…!

そう思い、車を止めて話しかけると
なんのためらいもなく乗り込んできた…!

「シブヤまでお願いしまーす」

目的地がどこかなんてのは、もうどうでもよく…
目の前のギャルの巨乳にくぎ付け!笑

巨乳だけでなく、デニムのホットパンツから覗く太ももがムチムチでたまらん…

もうギャルの体にしか興味が無い様子…笑

乗り込んできたギャルはそんなことを知る由もなく
彼氏との出会いをイチャイチャぶりをぺらぺらとしゃべり続けます笑

彼氏がFカップはありそうな巨乳を揉んでいると思うと、だんだんとイライラしてきた…

このイライラがゆがんだ考えを生み出します笑

そもそもこんな格好でヒッチハイクなんておかしいだろ…
こんな格好して乗り込んできたら襲われたも文句言えないぞ?

もしかして・・・やっちゃっても・・・
いいんじゃないのか・・・?

どんなゆがんだ考え方でしょうか笑

ムチムチギャルを前に理性が吹っ飛んでしまったのか
自分の都合のいい解釈しかできなくなってしまい・・・

車を止めてムチムチギャルに襲いかかります…!

「いきなりなになにすんだよ オッサン!」
「さわんなァァッ!」

と激しく抵抗するギャルでしたが・・・

 

 

エロ過ぎる格好で乗り込んできたヒッチハイクギャルに襲い掛かる!
続きは本編でお楽しみください!
▽ ▽ ▽
クリック!