■同窓会、自信を持って参加できますか...?

中学・高校を卒業して10数年経過すれば誰しも1度くらいは同窓会の案内が来たことがあるでしょう。
久しぶりに昔の友達に再会するというのはいいものですよね。

そんな同窓会ですが、今の自分に自信がないという理由で同窓会に参加したくないという人が
2割ほどいるということをご存知でしょうか?

今の自分に自信がないというのを具体的に見てみると
まずは体型の崩れです。これは太ってしまったということですね。

年齢を重ねると共に代謝が落ち、太りやすくなりますし、
出産後に太ってしまって体型が元に戻らなくなったという方もいらっしゃるでしょう。

昔はスレンダーだったならなおさら、今の太ってしまった自分を見られたくないという理由で
同窓会に参加しないと言う方が多くいるようです。

そして、体型の崩れ以外でもう1つ同窓会に参加したくない理由、
それは、『老け顔』です。

年齢を重ねること、それはすなわち老化です。
老化現象として体のあちこちに影響が出てきますが、顔も例外ではありません。

弾力がなくなって頬がたるむ
ほうれい線がくっきりと刻まれている
笑った時のに目じりのしわが目立つ
肌の透明感がなくなってくすんでいる

など、顔だけでもこれだけの症状が現われ、あなたを実年齢より老けて見せてしまうのです。

鏡を見ては毎日溜息をついていませんか?
もし、あなたが自分自身でなんだか老けた気がする...
そう感じているのであれば、それは気のせいではありません!
間違いなく老け顔になっています!(汗)

そして、それは同窓会の参加者も、あなたのことを見て『老けたな...』と思うということです!

しかもあなたを見たほとんどの人は心の中だけにとどめて、思ったことを口にすることはないと思います。
なかには老けたね―!なんてストレートに言ってくる人もいるかもしれませんが。

これを踏まえていかがでしょうか。
あなたを見た同級生は、あなたと話している時、心の中で
『やっぱり年とったな。。。昔は可愛かったけど、老けたな...』
と思われているとしたら!ムカつきますよね!ムカつくし、悲しくなりますよね。。。

そりゃあ30代後半、40代にもなれば普通は老けますよ!
子供だって生んでますし、日々旦那さんやお子さんとの生活でストレスを感じたり
はたまた家計を助けるためにパートに出たり...

ストレスや疲労などによって老化はますます加速してしまいます。
誰も老けたくて老けてるわけじゃないんです!

それなのに久々に参加した同窓会で老けていると思われ、心の中でがっかりされる。。。
誰だって老けて見られたいと思う人はいないはずです!思われるならやっぱり若く見られたいですよね!

もし老け顔が気になって同窓会に参加することをためらっているなら、
同級生に老けたなあ...とがっかりされたくないなら、
同級生に差を付けて若く見られたうなら!

同窓会までに老け顔を解消するための対策を行いませんか?

■老け顔を作り出すたるみ・しわの原因と対策は?

老け顔に悩んだことのある方なら、今までになにかしらの対策を行ったことのある方も多いのではないでしょうか。

高額な化粧水、美容クリーム、美顔器、マッサージ、エステ...
無料でできるものから、お金がかかるものまで様々ありますが、満足のいく効果を得られたものはありましたか?

美顔器やエステで一時的にリフトアップしたけど、しばらくしたらまたたるみやシワが目だってきたということはありませんか?

美顔器やエステといった対策は肌の外側からたるみやしわに対してケアを行っていることになります。
しかしながらたるみやしわの原因は肌の内部に根本原因があるのです!!

肌のたるみ・しわの原因は

『真皮のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の量が減少してしまうこと』

にあります。

肌の構造としては1番上が『表皮』(ひょうひ)、その下に『真皮』(しんぴ)と呼ばれる部分が存在しています。
その中で真皮の肌弾力成分の量が重要になってくるんです。

肌弾力成分というのがさきほど上でも登場した、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の3つです。
この3大肌弾力成分ですが、残念なことに加齢と共に量が減ってしまいます。
これらの成分が減少してしまうと、肌の弾力が失われ、それによって肌がたるみ、
肌がたるんだことでしわやほうれい線が目立つようになるのです!

ですので、たるみやしわ解消して老け顔から若返るためには、
『真皮の三大弾力成分を増やすこと』が大切になります。

■老け顔対策の救世主はコレです!

では、どうやって真皮の三大弾力成分を増やせばいいのでしょうか?

コラーゲン配合の化粧水を塗る?
残念ながらこの対策では真皮のコラーゲンは増えません。

そもそも浸透するのは表皮までで、真皮にはほとんど届かないといっても良いでしょう。

外側からのケアでは表皮の壁を通り抜けることができないのです。

ではどうすればいいのか?

実は真皮の内部には、三大弾力成分を作り出す、
『繊維芽細胞』(せんいがさいぼう)というものが存在しているんです。

難しい名前はおいておきましょう笑

若い時は繊維芽細胞の働きが活発で特に気にしなくても肌はハリツヤに満ちていました。
しかしながら年をとるにつれて、繊維芽細胞の働きが低下し、弾力成分の生成量も低下してしまいます。

それによって肌のハリツヤを保つことができなくなり、たるみやしわといった肌トラブルが現われてくるのです。

では、真皮にある繊維芽細胞の働きを活性化し、弾力成分を増やすにはどうすれば良いか!?

ここで登場するのが老け顔対策の救世主、『プラセンタ』になります!

プラセンタ?いかがでしょうか?
初めて耳にされたでしょうか?それとも聞いたことがあるでしょうか?

プラセンタとは『胎盤』のことです。お母さんが赤ちゃんを育てるために必要な臓器の一種ですね。
この胎盤なにが良いかというと、様々な成長因子が含まれているのです。

目に見えない非常に小さな受精卵を1年弱であれだけ大きな赤ちゃんに育てるわけですが
あれだけ大きく成長できるのは、胎盤の『成長因子』のおかげなんです!

この成長因子が老け顔対策の救世主になるんです!

プラセンタに含まれる成長因子のうち、FGF(繊維芽細胞成長因子)と呼ばれるものがあるのですが、
その名の通り、真皮にある弾力成分生成工場である繊維芽細胞の働きを活性化させてくれる成長因子なんです!

すなわち、プラセンタに含まれるFGF(繊維芽細胞成長因子)を摂取することで
真皮の繊維芽細胞の働きが活発になり、真皮のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の量が増えることで
ハリツヤが戻り20代のようなふっくらもちもちのお肌に生まれ変われる効果が期待できます!

で、プラセンタをどのように摂取するかと言いますと、
もちろんですが、そのまま食べるわけではありません!これは恐らくほぼ無理だと思います。

摂取方法としては、注射・ドリンク・サプリメントなどがありますが、
プラセンタサプリでの摂取がおススメです。

プラセンタサプリの場合、原料となるプラセンタから、水分や不純物を取り除き、
有効成分だけが凝縮されたプラセンタ原末を使用して生成されています。

つまり、余計なものを摂取することなく、プラセンタの有効成分である成長因子を効果的に摂取することができるのです!

■おススメのプラセンタサプリはコレです!

数あるプラセンタサプリの中でも、おススメなのが
馬プラセンタを原料として作られた、『母の滴』というプラセンタサプリになります。

そうなんです。プラセンタサプリの原料は人間の胎盤ではなく、馬や豚・羊といった動物の胎盤が原料になっています。

その中でも馬の胎盤は肉厚なのが特徴で、他の動物よりも成長因子が豊富に含まれているんです!

成長因子量が多ければ、それだけ繊維芽細胞を活性化させることができ、同窓会までの老け顔改善に効果が期待できますね!